第10回研究会チラシカラー_ページ_1

九州山岳霊場遺跡研究会は、九州における山岳霊場遺跡の実態を解明するため、2011年8月に発足した会です。本年は、古くから研究が行われ、彦山六峰の一つにして京築地域を代表する求菩提山、さらには豊前地域の山岳霊場遺跡をテーマとする第10回研究会を、福岡県豊前市にて開催いたします。

例年とは異なり、コロナ禍が取りざたされる昨今ではございますが、感染防止のため細心の注意を払いつつ、可能な限り例年通りの日程にて開催させていただきます。

皆様方におかれましても、ぜひ御参加くださいますよう、お願い申し上げます。

 九州山岳霊場遺跡研究会 会長 西谷 正

 

主催 九州山岳霊場遺跡研究会

共催 九州歴史資料館・豊前市教育委員会

後援 国玉神社・築上町教育委員会・日本山岳修験学会

 

◎日程および申し込み等

<現地研修会>→現地研修会は、定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

 日程:令和2年8月29日(土)1300分集合・1700分解散予定

集合・解散場所:求菩提山第一駐車場(求菩提資料館下の駐車場・「求菩提資料館前」バス停)

(福岡県豊前市鳥井畑(大きなカラス天狗が目印))

見学場所:求菩提資料館・求菩提山内(中宮跡・座主跡・氷室跡など)

 参加費:100円(レジャー保険代として)

定員:40(先着順・定員に達し次第、受付を終了します)

 

コロナ感染防止のため、マスク着用(各自持参)、受付時の手指のアルコール消毒・検温確認に御協力いただきます(検査確認に御協力いただけない、あるいは37.5度以上の発熱がある方、喉の痛みや咳などの症状がある方には、参加をご遠慮いただきます)。

※研修中のソーシャルディスタンス確保のため、小グループに分けて見学を実施いたします。御協力をよろしくお願いいたします(参加定員も例年より少なめとしております)。

※コロナ感染防止のため、例年行っているバス移動は行いません。

※集合後、各自自家用車移動を行っていただく箇所があるため、なるべく自家用車にてお越しください

※公共交通機関でお越しの場合は、JR日豊本線「宇島」駅下車、豊前市バス岩屋線「求菩提資料館前」行12:24発の便に御乗車いただき、終点「求菩提資料館前」停留所(13:00着)で下車してください(運賃400円)。また、集合後、事務局の自家用車に御同乗いただきますので(所要時間約3分)、予めご了承ください。解散後は「求菩提資料館前」停留所17:24発宇島駅行きバスをご利用ください。

研修の行程では、登山道を歩きます。服装や靴、装備、心構えについてのご準備を各自お願いいたします(特に熱中症・虫対策にご留意ください)。

※少雨時の場合は全行程実施いたしますが、荒天時は山内への御案内を中止することもあります(資料館内の見学は実施する予定です)。予めご了承ください

※加入するレジャー保険は、研修中に発生したケガなどの事故が保障の対象であり、感染症の罹患等は保障の対象とはなりませんので、予めご了承ください。

※研修の行程では、求菩提山山頂の上宮へは行きませんので、予めご了承ください。

 ※現地研修会終了後、例年実施しております情報交換会は、コロナ感染防止のため今回は実施いたしません。

 

<研究集会>(事前申し込みが必要です

日程:令和2年(2020)8月30日(日)9301600

 会場:豊前市市民会館大ホール(JR日豊本線「宇島」駅徒歩4分・無料駐車場あり)

    TEL:0979-82-2705(豊前市八屋2009-3

 参加費:無料(ただし資料集代は3,000円が必要です)

内容・スケジュール:

 9:3010:00 受付

10:0010:10 開会行事

 10:1011:10  基調講演「求菩提山の山岳信仰」恒遠俊輔(元求菩提資料館長)

11:1011:20 休憩)

11:2011:50 研究報告①「求菩提山の薬」相良悦子(求菩提資料館副館長)

11:5012:20  研究報告②「求菩提山とその周辺の古尊像—平安時代後期の作例を中心に—

井形 進(九州歴史資料館学芸員)

12:2013:20 昼食休憩)

 13:2013:50 研究報告③「求菩提山山岳霊場遺跡の平面構造―坊集落を中心として―」

岡寺 良(九州歴史資料館学芸員)

13:5014:20  研究報告④「求菩提の農村景観―修験と人々のくらし―」栗焼憲児(求菩提資料館館長)

14:2014:30 休憩)

14:3015:55 シンポジウム「求菩提山と豊前の山岳霊場遺跡」 

司会:國生知子(甘木歴史資料館副館長)

         パネラー:相良・井形・岡寺・栗焼

 15:5516:00 閉会行事

定員:200名(申し込み先着順・定員に達し次第、受付を終了します)

コロナ感染防止のため、マスク着用(各自持参)、受付時の手指のアルコール消毒・検温確認に御協力いただきます(検査確認に御協力いただけない、あるいは37.5度以上の発熱がある方、喉の痛みや咳などの症状がある方には、誠に恐縮ではございますが参加をご遠慮いただきます)。

※会場内では一定の間隔をあけて着席いただきますので、必ず係員の指示に従って御着席ください。

※会場内での飲食はご遠慮いただきます。近隣の飲食店等をご利用ください。

※コロナ感染防止のため、受付(氏名・連絡先の記入・確認)を行わずに会場に入場することはできません。必ず受付を済ませてからご入場ください。定員を超えた場合、入場を制限いたします。

※休憩時には、会場の換気をなるべく行いますので、御協力をお願い申し上げます。

◎問い合わせ先

九州山岳霊場遺跡研究会事務局

838-0106福岡県小郡市三沢5208-3 九州歴史資料館学芸調査室内

TEL:0942-75-9501(九州歴史資料館学芸調査室直通)

◎その他注意事項

・研究会資料集には当日の講演・報告資料に加え、豊前地域の山岳霊場等に関わる紙上報告を掲載する予定です。

Eメールで申込みされました方に限り、事務局からの受け付け済み等の回答をいたします。Eメールで申し込みをされた方で、8月27日までにメール返信のない方は、事務局までお問い合わせをお願いいたします。

・現地研修会をキャンセルされる場合は、必ず8月27日(木)16:00までに事務局まで御連絡下さい。

・宿泊等は各自での手配をお願いします。

コロナ感染の状況によっては、急遽延期になる場合もございます。延期が決定した場合、速やかに電話等にて申込者全員に御通知いたします。

◎参加申し込み方法

 氏名(ふりがな)・電話番号・現地研修会の出欠・研究集会の出欠を下記方法にてお知らせ下さい。

なるべくEメールでの申し込みをお願いいたします

Eメール申込みの場合は、<qms(キューエムエス)2011@yahoo.co.jp>まで御送信下さい。

FAX申込みの場合は0942-75-7834(九州山岳霊場遺跡研究会事務局(九州歴史資料館学芸調査室))に御送信下さい。

・ハガキの場合は、事務局(上記問い合わせ先に同じ)まで御郵送ください。

・申込み締切:令和2年8月27日(木) ※それぞれ定員になり次第締め切ります。



第9回九州山岳霊場遺跡研究会高良山と筑後の山岳霊場遺跡」のご案内
イメージ 1


 
九州山岳霊場遺跡研究会は、九州における山岳霊場遺跡の実態を解明するため、2011年8月に発足した会です。本年は筑後平野に突き出すように聳える霊山・高良山をテーマとし、これまで筑後の象徴のように崇められてきた反面、あまり目が向けられてこなかった「山岳信仰」に焦点を当て、さらには筑後の山岳霊場遺跡を解き明かすことを目的とした第9回研究会を、福岡県久留米市にて開催いたします。皆様方におかれましても、ぜひ御参加くださいますよう、お願い申し上げます。
  
 九州山岳霊場遺跡研究会 会長 西谷 正
 
主催 九州山岳霊場遺跡研究会
共催 九州歴史資料館・久留米市
後援 高良大社・久留米市教育委員会・日本山岳修験学会
 
◎日程および申し込み等
<現地研修会>※現地研修会は申し込み定員に達しましたので、受付を終了させていただきます。
 日程:令和元年8月24日(土)12時30分~18時00分
集合・解散場所:JR九州新幹線・鹿児島本線久留米駅西口バス駐車場
(正午受付開始・12時30分出発・18時00分ころ帰着)
見学場所:高良大社ほか高良山内、山麓地域の高良山ゆかりの寺社など
 参加費:2,500円
定員:50名(先着順)
※参加費には、資料代、保険料、バス移動費等が含まれます。
九州歴史資料館は集合場所とはいたしませんので、ご注意ください。
※現地研修終了後は、集合場所および情報交換会会場までバス送迎いたします。
研修の行程には、登山道を歩く箇所もあります。服装や靴、装備、心構えについてのご準備を各自お願いいたします。
※少雨時の場合は全行程実施いたしますが、荒天時は、別の場所に御案内することもあります。あらかじめご了承ください
※集合場所まで自家用車でお越しの方は、周辺の有料駐車場をご利用ください。
※途中乗車・下車される場合であっても、参加費全額をいただきますので御了承ください。
※当現地研修会は㈱甘木観光バス(福岡県知事登録国内旅行業第2-164号)の主催事業です。
 
<情報交換会>参加には申し込みが必要です。)
 日程:令和元年8月24日(土)1830分~2030
 会場:ハイネスホテル久留米・9階ソレイユ
TEL0942-32-7211 西鉄久留米駅から徒歩1分
参加費:6,000円(学生は4,000 ※社会人大学院生は通常料金となります。
 定員:50名(先着順)
 ※現地研修会に参加の方は、バスで直接会場に向かいます。
 ※情報交換会からご参加の方は、直接会場へお越しください。情報交換会終了後のバス送迎もございません。

◎現地研修会・情報交換会の参加申し込み方法
※研究集会のみ参加の方は申し込み不要です
 氏名(ふりがな)・連絡先Eメールアドレス・電話番号・現地研修会の出欠・情報交換会の出欠(学生の方はその旨記載)を下記方法にてお知らせ下さい。(なるべくEメールでの申し込みをお願いいたします
Eメール申込みの場合は、< qms ( キューエムエス )2011@yahoo.co.jp>まで御送信下さい。
FAX申込みの場合は、「第9回九州山岳霊場遺跡研究会に参加希望」と記入し、0942-75-7834(九州山岳霊場遺跡研究会事務局(九州歴史資料館学芸調査室))に御送信下さい。
・ハガキの場合は、「第9回九州山岳霊場遺跡研究会に参加希望」と記入し、上記記載内容に加え、ご住所を記載の上、事務局(下記問い合わせ先に同じ)まで御郵送ください。
・申込み締切:令和元年8月9日(金) ※それぞれ定員になり次第締め切ります。
<研究集会>研究集会は事前申し込み不要です
 日程:令和元年8月25日(日)9時30分(受付開始)~16時30分
 会場:久留米商工会館(福岡県久留米市城南町15-5 久留米市役所東隣)
TEL0942-33-0211(久留米商工会議所)
JR久留米駅から徒歩約10
 西鉄久留米駅から西鉄バス6・8・1533515255番で約10分「市役所前」停留所下車 徒歩約1分
 ※会場には駐車スペースがほとんどございません。公共交通機関でお越しになるか、周辺有料駐車場をご利用ください。
参加費:2,500円(資料代として)
定員:200名(当日先着順・事前申し込み不要)
プログラム:
9:3010:00 開場・受付開始
10:0010:15  開会
研究報告「高良山と高良大社」
10:1510:30 趣旨説明 「高良山と高良大社山岳信仰からの視点
 森 弘子(九州山岳霊場遺跡研究会顧問)
 10:3011:00 研究報告1「高良山の祭神と伝説」吉田扶希子(西南学院大学)
 11:0011:30  研究報告2「古代の高良山」   酒井芳司(九州歴史資料館)
  11:3012:00  研究報告3「高良山山岳霊場遺跡の平面構造縁起絵・絵図・現地遺構
岡寺 良(九州歴史資料館)
 12:0013:30  昼食休憩
 13:3014:00  研究報告4「高良玉垂宮の仏教美術」國生知子(甘木歴史資料館)
14:0014:30 研究報告5「高良山周辺の古代遺跡」神保公久(久留米市文化財保護課)
14:3014:45 休 憩
14:4516:15 シンポジウム「高良山と高良大社山岳信仰からの視点
                         司会:森 弘子(九州山岳霊場遺跡研究会顧問)
16:1516:30 閉会
◎問い合わせ先
九州山岳霊場遺跡研究会事務局
838-0106福岡県小郡市三沢5208-3 九州歴史資料館学芸調査室内
TEL:0942-75-9501(九州歴史資料館学芸調査室直通)
◎その他注意事項
・研究会資料集には当日の講演・報告資料に加え、筑後地域の山岳霊場等に関わる紙上報告を掲載する予定です。
前回から研究集会のみ、参加申し込みを不要としましたが、現地研修会・情報交換会は例年通り事前申し込みが必要です
・今回より、Eメールで申込みされました方に限り、事務局からの受け付け済み等の回答をいたします。Eメールで申し込みをされた方で、8月22日までにメール返信のない方は、事務局までお問い合わせをお願いいたします。
・現地研修会および情報交換会をキャンセルされる場合は、必ず8月22日(木)16:00までに事務局まで御連絡下さい。御連絡がなく欠席された場合は、参加費全額をいただきます
・宿泊等は各自での手配をお願いします。

イメージ 2

イメージ 1

↑このページのトップヘ